5カ年計画と本棚。

  • 2015.06.03 Wednesday
  • 04:30

5カ年計画と本棚。

インテリアデザインの仕事に10年くらい関わってきて、現在ニューヨーク。
デザインに関わる本や雑誌は勿論だけど
本棚を整理して気付いたのがデザインと経営哲学などの本が約50・50くらいな事。
最近読んだ本ではDeNA創業者 南場智子さんの「不格好経営」が心に響いた。
この本もそうだけど、良いと思った本は自分が尊敬してる人から進められたものばかり!
テツ さんありがとうございます!!
本は自分が尊敬している人からのオススメは必ずホームランを打ってくれる。
マネージメントの父 ドラッガーのマネジメントは
数年前に流行った「もしドラ」の時にサラっと読んだけどその時はあんまり響かなかったが最近読むと雷が何度も落ちた。
フィリップ・コトラーの「マーケティング・コンセプト」はイチローなみのヒットを連発してくれた!
村上隆さんの「芸術企業論」なんかはもう5回は読んでいるだろう。
「本って自分を表わしているなぁ」と思う。
この50・50の割合を見て自分に問いかけると気付いた。

「自分はモノをデザインするもの好きだけど、人・組織・チームをデザインするのはもっと好きだと!」

ボクは超一流を目指したい。だって、人生一度きりだもん!

だけど自分の事を冷静に分析すると、そんな事はとても無理なのである。

でも、チームでやれば出来ると思ったし、そのチームは自分には築けれると思った!

でもどうして、デザイナーなのにこういう経営関係の事に興味があるかと思うとやっぱり過去の経験からだ。

デザイン業務はハードな仕事故に、ボクは大切な人に何度も迷惑 & 我慢させてきた。

“デザインの仕事ってそういうもんなんだよ。”

ってあたり前のように言ってたけど大切な人を淋しがらせるほど
自分の情けなさを痛感する瞬間はない。でもやりたい事はある。自分達はわがままに生きすぎている。

その結果、あとに気付いたときには遅い。人間、一人でなんて生きていけないのに。その両立が最も難しい。

だからこそ、自分は好きな事で。最少の労力で最大の効果が発揮できるチームにしたいと勉強中なのである。

そんな事が実現できるリーダーのような存在になる事を目指している。

ドラッガーが言うにはリーダーの条件とは「やるべきことをやっていること」そして

「資質 × 学習 × 経験」  が必要なのだという。

少なからず「オレやってるな!」と自負している。笑 (※資質はナゾですが)
ある程度の経験を積んで、日本ではやっていけそうだと正直実感しましたがそれらを捨ててニューヨークに来た。

はっきり言って、正しいかは分からないし不安になる事もしょっちゅう。。。

完全否定される事もあったなぁ。。。(つい最近)けど思うのです。

「自分の選択を正しかったものにする事がボクの役目でもある」と。

まぁ、言いたい事はこの前あるWEBマガジンの取材で

「インテリアデザイン業界のアップルを目指す」

と言ってしまったのでリリース前のストレッチなのである。でもこれには気持ちのブレもないし本気度200%だ。

これまた尊敬する方との約束がある。

そのためには3年後、そして5年後のビジョンを明確にデザインし実行に移していく事がボクの5カ年計画だ。

(しとしと降る雨がいろいろと考えされられました。さっ、やることやらなきゃ!)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

counter

ブログパーツUL5

twitter

TRIBECA - Library

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM