『松濤 つね松』のロゴの秘密

  • 2011.10.20 Thursday
  • 18:01
 
つね松さんには素敵なロゴマークがあります。

ロゴマークはそのお店、または企業のイメージを左右するとても重要な要素です。
インターネットで検索すると、こんな画像が出てきました。


どれも馴染み深くなりましたが、
やはり、企業の理念やイメージがこのマークに詰め込まれている感じがします。

スターバックスなんかは、何度もロゴマークが変わる事で有名ですよね!
今年から新しくなったロゴマークは不評らしいですが....。


でもでも、初期はこれらしいです!!

良かったです。。



私はインテリアデザイナーですので、
お店があるその場所に行かないと、体感する事はできません。
しかし、このロゴマークしかり
グラフィックデザインとは、ショップカード、名刺、
ブティックであればショッパーなど様々なアイテムに使われ、
デザインが一人歩きします。

これは、インテリアデザイナーにとっては羨ましい限りです。


さてさて、本題のつね松さんのロゴマーク。
入り口の脇についているサイン。
隣にかかっているのれんにも使いました。

このロゴマーク、何がモチーフかお分かりでしょうか??

このお店の名前【松濤 つね松】。
松濤とは地名ですが、松濤の『松』
オーナーのおじいさまのお名前。つね松の『松』

この、ともに使われている『松』という文字から、
『松ぼっくり』をモチーフにロゴマークがデザインされています。



そして、このロゴの意味を気づいてもらえるようなしかけを
インテリアデザインに取り入れる事ができないかと考えました。

その結論がコレです。
トイレ前 通路にさりげなく飾ったディスプレイ。

和食らしく、日本酒を飲むときに使う一合升。
その中に、本物の松ぼっくりを入れました。

天井からは一灯、集光型のスポットのみ。
シャープな光でディスプレイを照らしています。
シンプルモダンなディスプレイを目指すため、等間隔に並べて取り付け。

モチーフにした『松ぼっくり』を、あくまで本物のまま、
インテリアに使いたいと思いました。

しかし、そのまま使ったのでは
カタチもバラバラ。まとまりもなく、モダンなイメージが崩れてしまいます。

そこで、スクエアで『和』に馴染みのある一合升に入れました。
正直、コレを見た方も、
“なるほどぉ〜。ロゴマークはこれがモチーフかぁ”とは思わないと思いますが、
こういった所でもコダワリは必要だと思います。

グラフィックデザインとインテリアデザイン。
お互いにコンセプトを理解して、良いデザインが生まれます。

世の中には良いデザインがたくさんあります。
その反面、似たようなデザインで溢れてもいます。
私たちは、他にはないデザインを追求していきたいと思います。




松濤 つね松

東京都渋谷区神山町12-3 アーバン神山 1F
TEL&FAX:03-3465-5570
定休日:日曜日
営業時間:ランチ / 11:00〜14:00 ディナー / 17:00〜23:00





 ・ Creative Life ・
----------------------------------------------
TRIBECAのHPはこちら

TRIBECAへのお問い合わせはこちら
□  info@tribeca-planning.com
----------------------------------------------


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

counter

ブログパーツUL5

twitter

TRIBECA - Library

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM